認定工法

NEW! ウルトラウッドコラム工法 (建築技術性能証明工法)

ウルトラコラム工法

 ウルトラウッドコラム工法は、小規模建築物を対象にし、財団法人 日本建築総合試験所の「建築技術性能証明」を取得した工法です(GBRC第09-29号)。今までのセメント系固化材スラリーを用いる機械攪拌式深層混合処理工法に杉の木製芯材をコラム中心に埋設して支持力を増加させる新工法です。柱状改良の利点と昔から広く一般的に使用されている既製杭で安定した木杭の利点の両方を兼ね備えた工法です。小さな改良径で大きな支持力を得られ、その評価は多くの実験結果から証明されています。軟弱地盤や長期優良住宅などに対応可能でコラムに埋設する芯材は間伐材を使用するエコな地盤改良です。
PDFウルトラウッドコラム工法パンフレット(PDF形式1.1MB)

ウルトラウッドコラム工法
( コラムの諸元)
建築技術性能証明書
(クリックで拡大します)
ウルトラコラム工法
ウルトラコラム工法

施工写真
施工の流れ
ウルトラコラム工法
高品質なウルトラコラムを築造します
ウルトラコラム工法
改良完了後センター治具を設置します
ウルトラコラム工法
木製芯材を建てりを確認しながら所定の深さまで埋設します。
ウルトラコラム工法
木製芯材埋設後コラムの天端を均して完成

詳しいお問い合わせはinfo@njcc.jpまで

ウルトラコラム工法 (建築技術性能証明)

ウルトラコラム工法 画像

 ウルトラコラム工法はセメント系固形材スラリーを用いる機械撹拌式深層混合処理工法です。独自形状の十字型共回り防止翼を有する掘削ヘッドを採用し、粘性土地盤などで問題となる土の共回り現象による撹拌不良を低減。また施工直後にコラムの比抵抗をミキシングテスターで測定し、撹拌状況を確認することで、高品質のコラムを築造できます。 ※建築確認申請がスムーズに行えます。
PDFウルトラコラム工法パンフレット(PDF形式1.0MB)

画像
工法名
ウルトラコラム工法
適用建築物
小規模建築物
一般建築物
コラム径
φ500mm
φ500mm〜φ1300mm
ただし、適用地盤がローム層の場合は
φ1200mm、しらす大地の場合は
φ1000mmを最大径とする。
φ600mm
φ800mm
固化材配合量
300kg/m3
250kg/m3以上で配合試験による
設計基準強度
900kN/u(砂質土、しらす)
800kN/u(粘性土)
700kN/u(ローム)
500〜2000kN/u
適用地盤がローム地盤の場合は
1500kN/u を最大設計強度とする。
地盤調査
スウェーデン式サウンディング試験
標準貫入試験
最大改良長
10m
適用地盤
砂質土、粘性土、ローム、しらす

未固形化改良体の比抵抗測定
施工直後の改良体の撹拌混合状況を把握する為に、改良体の比抵抗を測定します。プロープ(比抵抗先端部)をSSロッドに装着しコラム中心に挿入し、ミキシングテスター(比抵抗測定器)にて改良体底部まで25cm間隔で改良体の品質を調べます。

国土交通大臣認定書

ボーリングコアによるコア採取・ コア供試体の一軸圧縮試験・ サンプラーによるモールドコア採取  詳しいお問い合わせはinfo@njcc.jpまで

ウルトラパイル工法 国土交通大臣認定工法

ウルトラパイル工法ロゴ

独自の打ち止め管理方式により施工機械・施工者によるバラつきがなく、増大な支持力が得られる精度の高い基礎杭技術です。
PDFウルトラパイル工法パンフレット(PDF形式1.7MB)

許容支持力説明 長期杭先端許容支持力表 ウルトラパイル工法写真 国土交通大臣認定書 財団法人 日本建築総合試験所 建築技術性能証明書
ウルトラパイル工法ロゴ
3F建て住宅やRC・鉄骨住宅、店舗、アパート、工場などの場合は建築確認申請がスムーズに行えます。また、スライドウェイト試験により杭の先端支持力の確認が行えます。

ガイアパイル工法 国土交通大臣認定工法

ガイアパイル工法

従来の鋼管杭工法に比べて最も厳しい審査(BJC性能評価:基礎審査委員会)をクリアした、拡翼付鋼管杭回転貫入工法です。

認定書 ガイアパイル工法写真
※認定工法の詳細はhttp://www.soience.co.jp/をご覧下さい。


ウルトラパイル工法ロゴ
3F建て住宅やRC・鉄骨住宅、店舗、アパート、工場などの場合は建築確認申請がスムーズに行えます。また、スライドウェイト試験により杭の先端支持力の確認が行えます。

ETP-G工法(回転貫入銅管杭工法)  

ガイアパイル工法

建築技術性能証明取得工法ETP-G工法は、振動・騒音が極めて少なく、環境に優しいクリーン工法です。
PDFETP-G工法パンフレット(PDF形式0.7MB)

ガイアパイル工法写真