改良工事

地盤補強工事

地盤補強工事

小口径鋼管杭

一般構造用炭素鋼管を用いて支持層に回転圧入させる工法です。
主に戸建住宅に使用されています。

小口径鋼管杭01 寸法・重量表
鋼材の腐食について

浅層混合処理工法(表層改良)

個化材(セメント系)と現地盤を混合攪拌し転圧や締固めにより地盤を改良する工法です。
戸建住宅〜中低層のビル、店舗、工場など幅広く使われています。

浅層混合処理工法(表層改良)写真 浅層混合処理工法(表層改良)説明図

深層混合処理工法(柱状改良)

セメント系個化材に水を加えスラリー状にしたセメントミルクを特殊攪拌翼の先端部より地盤に注入しながら混合攪拌し柱状の改良体を作る工法です。
戸建て住宅から中低層のビル、店舗、工場など幅広く使われています。

深層混合処理工法(柱状改良)説明図 深層混合処理工法(柱状改良)写真

MS基礎(特許基礎工法)

軟弱地盤における建物の不同沈下を 防ぐ目的で従来の地盤補強工法では対応が不可能な地盤にも対応できるよう研究開発された特許「安定材付きベタ基礎工法」です。
(JHS・JIO認定工法です。)
※MS基礎の詳細はhttp://conglo.co.jp/index.htmlでご覧下さい。

MS基礎(特許基礎工法)説明図

ジオクロス工法(建設技術審査証明)

ジオクロス工法は「建設技術審査証明」を取得した工法です。
環境にやさしい住宅の地盤補強工法です。工期も短くまた乾式の工法です。
杭打ち機や改良機が入れないような狭小地、地中に埋蔵物や文化財がある土地には最適な工法です。

MS基礎(特許基礎工法)説明図MS基礎(特許基礎工法)説明図

沈下修正工法

不同沈下などにより傾いて生活に支障をきたすような場合、建物の水平調査や地盤調査を実施し、最適な修正方向を提案させていただきます。

沈下修正工法
沈下修正工法

沈下修正工事の工法と内容
沈下修正工法
                日本建築学会「小規模建築物基礎設計指針」抜粋